注目の占いアプリを使ってみた!

占術の勉強

人気の占術「タロット」について

占いの中で1番知名度が高く良く使われる占術といえば「タロット占い」ですね。
そこで占い好きでもタロットについて詳しく知らない方がほとんどだと思います。
なので今回はタロットについての情報を紹介していきたいと思います!

タロットカードについて

占い,アプリデッキは全部で78枚で大アルカナ22枚と小アルカナ56枚で成り立っています。カードの絵柄が天地正しい向きと逆さまの向きに出るかで意味合いも変わるので通常枚数の2倍の156枚の意味合いがあることになります。占いの基礎でもありますが覚えるのが結構大変だから勉強あるのみですね。

大アルカナとは

大アルカナと呼ばれる22枚のカードは、タロット・デッキの中心です。
「1」から「21」までの連続する数の割り当てられているカードが21枚で、
「愚者」と呼ばれる番号なしの0番のカードが1枚で合計22枚になります。
大アルカナは、ひとつのストーリーを持っていて、0番のカードが示す初めの「気づき」から
21番のカードが示す「統合」「達成」へと至る人間が成長していく過程の物語があります。
一般的には重要なメッセージを伝えていると言われ、全てのタロットを使わなくても、
大アルカナだけで占うことは可能になっています。

小アルカナとは

小アルカナは4つのスートから成っています。それらは杖、杯、剣、硬貨です。
それぞれのスートは、総合的なテーマを表現しており、杯は「感情」、
硬貨は「物質の価値」、剣は「挑戦」、杖は「行動」を象徴しています。
小アルカナのカードは日々の暮らし、生活から影響される心の浮き沈みを表しています。
大アルカナが人生の大きなターニングポイントを示唆するのに対し、
日常的な小さな決断を手助けするための、細やかな洞察を表現しているのが小アルカナです。

タロット占いの手順

(1)シグニィフィケイターを選ぶ

まず78枚のカードの中から、シグニィフィケイターという質問者を象徴するカードを1枚選びます。小アルカナのコート・カードの中から年齢やイメージを手掛かりにして、ふさわしいカードを選びます。

(2)シャッフルを行う

シグニフィケイターが決まったら、次はシグニフィケイター以外のすべてのカードをシャッフルします。シャッフルの際には、シグニフィケイターとなるカードは、他のカードからよけて机の上に置いておきます。
※「プール」というものでテーブルの上にすべてのカードをふせた状態にして、両手でカードをぐるぐる回し十分にカードが混ざったと思ったらシャッフルは終わりです。カードを一つの束に戻してください。

(3)カードをレイアウトする

シャッフルが完了したら、カードを引き、それをレイアウトしていきます。カードの束の一番上からカードを引いていってください。そしてそれを以下のようにレイアウトしていきます。

(4)カードをリーディングする

カードをレイアウトした後は、カードをリーディングし、占い結果から質問にぴったりくる解釈を引き出します。それぞれのポジションの意味とカードの占い上の意味を重ね合わせて、質問にふさわしい答えを見つけます。